ニュース

高浜原発1・2号機の廃炉に関する声明

8月1日の定例理事会において、先にお知らせしていた高浜原発廃炉に関する声明を承認しました。
本日、原子力規制委員会委員長と内閣総理大臣に提出します。

全文は以下のとおりです。

 

原子力規制委員会委員長 田中俊一様
内閣総理大臣 安倍晋三様

生活クラブ生活協同組合都市生活 理事会

 

高浜原発1・2号機の認可を取り消し、廃炉にすることを求めます

 原子力規制委員会は6月20日、稼働後40年を越えた関西電力高浜原発1・2号機(福井県)の運転延長について、新規制基準に基づく安全審査に加え、特別点検の結果を踏まえた延長認可の審査にも合格しているとし、運転延長の許可を関西電力に出しました。福島原発事故後の法改正で、原子力発電所の運転期間は原則40年とされたにもかかわらず、これを形骸化するような判断が下されたことに、生活クラブ都市生活として強く抗議します。

 高浜1号機は1974年11月、2号機は翌75年11月に運転を開始し、いずれもすでに稼働から40年を超す老朽原発です。最長20年の延長は、「例外」に過ぎません。この例外の枠を不用意に広げてしまえば、福島第一原子力発電所の事故を教訓に作られた制度が骨抜きにされ、再び原発依存の道へと逆戻りしてしまうのではと懸念します。脱原発を実現する上でも、老朽化によって危険性がさらに増すことを考えても今回の運転延長認可を認めることはできません。十分な安全審査が行われていない高浜原発1・2号機は、認可を取り消し、直ちに廃炉にすべきです。

以上

ページの先頭に戻る