ニュース

おめでとう!渋谷冨喜男さん

契約野菜「畑の便り」の生産者・愛菜会(神戸市西区)の渋谷嘉一さんのお父さん=渋谷冨喜男さんが長年の有機農業の功績を評価され、農林水産省生産局長賞を受賞されました!

 

渋谷冨喜男さんのご紹介

契約野菜「畑の便り」は、生活クラブ都市生活と同じ30年の歴史ですが、30年前、渋谷冨喜男さんは愛菜会の中心メンバーであるとともに当時はまだまだ一部の人にしか受け入れられてなかった「有機農業」の貴重な実践農家でした。有機栽培の地元野菜・生産者と消費者の直接のつながりを大事にしたい生活クラブ都市生活と一緒に、契約野菜「畑の便り」の取り組みを作ってきた生産者です。
1985年にできた生協都市生活時代の生産者の会「であいの会」の初代会長でもあります。

今回、農林水産省のすすめる「環境保全型農業」(有機農業を含む、農薬や化学肥料の使用を抑え自然生態系本来の力を利用して行う農業)の長年の功績から、農林水産省生産局長賞を受賞されました。

全国で大臣賞が2名、生産局長賞6名のうちの1名として、3月2日に表彰されました。
「畑の便り」で一緒に地元の有機野菜の取り組みをすすめてきた私たちも誇らしい気持ちになりますね。

 

農林水産省のページはこちら

 http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/160210.html

ページの先頭に戻る